英語には前置詞(句)の奥の深さがある

英語には前置詞(句)の奥の深さがあります。

John on the table ate pizzas.

この英文だと、「ジョンがテーブルの上にあったピザを食べた」という意味も「ジョンがテーブルの上に乗っかってピザを食べた」という意味もとれず、「テーブルの上にいるジョンがピザを食べた」という意味しかとれない。

John on the table には「テーブルの上にいるジョン」以外の意味もある。 on には「張り付いている」という基本的な意味があることもあり、John on the table には「テーブルに張り付いているジョン」という意味もある。

つまり、スパイダーマンのように、テーブルの下にジョンが張り付いている状況も考えられなくもないのだ。これらのマニアック(というかトリビア)な話からも、前置詞(句)の奥の深さを十分分かっていただけたのではないでしょうか。

暇さえあれば声にしてのトレーニングを実施します。このようなケースでは、音のアップダウンや調子に神経を使って聴き、きっちり真似るように実践することが大切なのです。

一般的に海外旅行が英会話レッスンの最善の場であり、英会話はいわば紙上で読んで理解する以外に、本当に旅行中に使ってみて、初めて得られるものなのです。

学習することは楽しいということを目標に掲げ、英会話のトータル力を鍛える英語レッスンがあります。そこではテーマに相応しい対話劇を用いて会話能力を、トピックや歌等の種類豊富な教材を使用することにより聞き取り能力を上昇させます。

『英語を自在に扱える』とは、喋りたいと思った事が瞬く間に英語音声に移行できる事を言い、話した内容に加えて、何でものびのびと主張できる事を表します。

子供に人気の高いトトロや魔女の宅急便などの映画の英語エディションを鑑賞してみると、日本語エディションとのちょっとした語感の違いを知ることができて、ワクワクすると思われます。

英会話カフェのトレードマークは、英語スクールと英会話を実践できるカフェが集合しているところで、自明ですがカフェだけの利用であっても大丈夫なのです。

総合的に見て英和辞書や和英辞書といったものを役立てることは、もちろん重要ですが、英会話学習においての初心者クラスでは、辞書そのものに依存しすぎないようにした方がいいといえます。

それなりのレベルの基礎力があって、そういった段階から会話できる状態に身軽にレベルアップできる人の共通点は、失敗を怖がらないこと。

ある英語学校は、「素朴な会話ならまあ喋れるけれど、実際に言いたいことが的確に表せない」といった、中・上級レベルの英会話上のお悩みを乗り越える英会話講座だそうです。

オンライン動画配信サービスとか翻訳サイトとかツイッターやフェイスブックなどのSNSの利用により、日本にいながら簡単な方法で『英語まみれ』になることが作り出せて、とても効果のある英語の勉強ができる。

一般に英会話を習い覚えるためには、アメリカやイングランド、イギリス系の多いオーストラリアなどの生まれた時から英語を話している人や、常に英語を通常話している人と多く話すことです。英語習得の方法 – 横山由起のYuki式英会話勉強法解説サイトで詳しく解説されています。

スピーキングの練習は、初期段階では英語会話で何度も用いられる標準となる口語文を系統的に繰り返し訓練して、記憶ではなく勝手に口を突いて出てくるようにするのが極めて効果が高い。

動画サイトのニコニコ動画では学習用の英語の会話の動画以外にも、日本の言葉やひんぱんに利用する一言などを、英語でどう言えばいいのかを取りまとめた映像がある。

「英語力を要する国に行く」とか「ネイティブと友達になる」とか「英語のドラマや英語の歌詞の音楽や英語でニュース番組を観る」というように、色々なやり方が一般的ですが、とりあえず単語そのものを2000個程は覚えこむことです。

英会話の演習や英語文法の学習は、何よりも繰り返し耳で聞く訓練を実践してから、言ってしまえば暗記にこだわらずに耳から慣らすという手段を取り入れるのです。



受験英語を一生懸命勉強した人に限って・・・

英語の名言を紹介してみます。

I have nothing to offer but blood, toil, tears, and sweat.
(私が提供できるのは、血と苦労、そして涙と汗以外何もない。)

これは、イギリスの政治家チャーチル(Sir Winston ChurchiH)のことばですが、ここでも、nothingのno-の部分が動詞haveを否定しています。だから、「bloodとtoil、そしてtearsとsweat以外(but)何も提供できるものはない」というように、haveを否定して解釈しないといけません。

さて、このチャーチルのことばですが、受験英語を一生懸命勉強した人に限って、「あっ、nothing but というイディオムが隠れているな。 nothing but~で『~だけ』という意味だから『~だけ提供できる』と訳せばいいんだ」と考えてしまいます。

このように公式通り訳しても構わないのですが、でも、このように読んでいる限り英語は上達しません。やはり、上で見たように、nothingのno-が実質的にどこを修飾しているのか考えて読まない限り、英語はスラスラ読めるようにはならないのです。

さらに言うと、nothing but のbutは前置詞で「~を除いて」という意味であることも理解しておく必要があります。 butがこのような意味をもっているからこそ、「~以外何もない」→「~しかもっていない」というように(再)解釈できるのです。スコットペリーの英語教材【リスニングパワー】

さて、ここまで分かったら、好きな女の子を落とすにあたり、
‘I want nothing but you’. をどう読んだらいいかもう分かるでしょう。

まずI want nothing と言って一息つきます。この段階では、まだ、「俺は何もいらないんだ」としか言っていません。

ここまで聞いた女の子は「えっ、何のことかしら……」と思います。

そこで、一息ついたところで、but you と言うのです。つまり、「君以外はね」と言うのです。ようするに、「俺は何もいらないさ、君以外はね」と言うことにより、相手に「私だけを愛してくれているのね」と(再)解釈させるのです。

nothing but を英語のイディオムとして捉えていては、好きな女の子をモノにすることもできないのです。



国をまたぐFXなどの商取引や海外への証券投資が活発化

国をまたぐFXなどの商取引や海外への証券投資が、長い歴史のなかでずいぶんと活発化してきました。

1947年、自由貿易を推進する米国主導でGATT(関税・貿易に関する一般協定)が、当初23カ国の間で締結されました。

日本は1955年にGATTへ加盟し以降同協定のもとで、自由貿易体制のメリットを最大限に享受できました。鉄鋼や自動車をはじめとする工業製品の輸出主導で、なんと年10%上回る経済成長を毎年のように達成したのです。

1973年の第4次中東戦争に伴う“第1次石油ショッグ(イスラエルとアラブ諸国との戦争の影響を受けて油価暴騰とともに世界的なインフレ不況が襲った)まで、“高度経済成長”が長期にわたって続いたことがあります。

1995年、GATTを引き継ぐ形で同じく自由貿易の推進を目的とするWTO(世界貿易機関)が発足します。 WTOの加盟国は、2008年までに150カ国に達しています。 WTOを補完するFTA(2国間の自由貿易協定)の締結も、並行して促進されてきています。

今や、世界の大半の国々との間で、FX市場をはじめとしてお金・モノやサービスの取引が概ね自由にかつ活発に行える貿易体制が整備されているといえます。

FXなど投資の世界では、1990年代半ば以降“グローバル・インベスター”が急増しています。これは“ヘッジファンド”や“年金基金”をはじめとする運用機関のことです。

関野典良の【トレンドハンターFX】解説ホームページ

彼らはFXなど投資対象とする金融商品を自国内に限ることなく、より高いリターンを求めて比較的有望とされる新興国市場も含め世界各国への“国際証券投資”を乎掛けているのです。

リスク削減の点でも、彼らの国際証券投資は欠かせないものです。FXや株投資の世界には古くから「卵を1つのカゴに盛るな!」との格言があります。

この格言に表されるように、資金(“卵”に相当)を1つの国(“カゴ”に相当)に集中させず、さまざまな国々に分散投資することで、同時の価値急落(卵がすべて割れてしまうこと)の危険を軽減する投資手法が一般的です。



ビジネスホームページの不当な表示とは

不当景品類及び不当表示防止法(景表法)は、不当な表示を禁止しています。ビジネスホームページで不当表示を行った違反業者に対して、消費者庁は、再発防止策の実施、今後同様の行為を行わないことなどを命じる措置命令を出します。

また、違反には至らなくても、違反のおそれがある行為とみられると警告が出されます。

措置命令や警告などを受ければ、顧客からの信用を失い、事業に悪影響が出るのは必至です。

景表法が禁止する不当な表示は3つあります。

1つ目は、優良誤認表示です。商品・サービスの品質や内容を、現実よりも著しく優れていると、ビジネスホームページでウソの宣伝をすることをいいます。競合他社の商品・サービスと比較して、根拠もなく「優れている」とウソをつく場合も含みます。

2つ目は、有利誤認表示です。商品やサービスの取引条件に関して、現実よりも著しく有利であるとウソの宣伝をすることをいいます。競合他社の取引条件と比較して、有利であると偽る場合も含みます。

3つ目は、内閣総理大臣が指定する表示です。

爆発感染【パンデミック】

■優良誤認表示にあたる例とは

ビジネスホームページの景表法の優良誤認表示の例としては、まず明らかに事実とは異なる表示が挙げられます。

たとえば、認可がないのに「厚生省認可」と表示する場合です。また、古いタイプのコンピュータウイルスにしか対応できないのに「最新のウイルスにも対応」と表示する場合もそうです。

また、十分な根拠もなく、商品・サービスの効能・効果を強調する表示も優良誤認表示になります。

たとえば、ダイエット食品について、あたかも学問的な表付けがあるように宣伝する場合です。



英語の「応用力」を養うには

英語の「応用力」を養うにはまず、「この日本文=この英文」というような、文字で結ばれるイコールを頭から取り去る必要があります。

学校の試験では決められた答えのみが正解とされるのが一般的ですが、実際の英会話では他にも可能な表現はあるのです。

七田式の英会話マスター英語教材【7+English】

たとえば、「お腹が空いた」という状況で誰もがFm hungry.(お腹が空いた)と言うとは限りません。

I want to eat something.(何か食べたい)と表現する人もいれば、ls there anything to eat? (何か食べるものある?)と聞く人もい るでしょう。また、目の前にクッキーがあれば、Can I eat these cookies? にのクッキー、食べてもいい?)と聞くことだってあり得るはずです。

これらは表現こそ違うものの、すべて「お腹が空いている」という事実にたどり着きます。このように、実際の英会話では同じ状況でも使える表現が一つとは限らず、話し手の気持ちやとらえ方が違えば英語表現も異なって当然なのです。

「お腹が空いた=Fmhungry.」にこだわらなくてもよいと思えることが大切です。



テーブルマナーでフォークをどう使うか

テーブルマナーに一家言待つタイプにありがちなのが、かたくなに英国流を貫く姿勢。

ルーツに忠実なのはいいのだけれど、ナイフ、フォークには使いやすさも大切な要素だという気がします。

ライスを食べるとき、あなたはどんなふうにナイフとフォークを使っていますか?

ナイフでフォークークの背にライスを乗せて口に運ぶ。確かにこの作法、英国流だといわれるのだけれど、いざ、やってみると、口にいきつくまでにライスがポロリ、やりにくいことこの上ないのです。アーチ型のフォークの背はどう見てもモノを乗せるのに適しているとは思えません。

乗せるのなら、くぼんだフォークの腹のほう。ナイフでフォークの腹にライスを乗せて食べるのが、合理的です。ナイフを使うのが面倒なら、フォークを右手に待ち替えてすくって食べても大丈夫なんです。

ワゴンに乗ったケーキの中からお気に入りを選ぶ・・なんだか心が弾んじゃいます。でも、いざ食べる時になると、弾んだ心がシュン・・

選んだ三角形の二段重ねのイチゴのショートケーキ、食べているうちに倒れてお皿がベトベトになっちゃいそう。三角形のケーキは、先のとがったほうからナイフで切ってフォークで食べるのが基本です。

ナイフが添えられていない時は、フォークの側面をナイフ代わりに使います。最後のひと切れは倒れない程度の厚さに残し、横半分に切って食べるのがいいのでは?

二股重ねのものは、同じようにまず上の段を食べ、下の段に移るというふうに上下二段がまえがポイントです。

「ケーキ、どう?」とすすめられ、食べたいのに遠慮していたあなた、この方法なら、もう絶対安全です。



お魚のメバチマグロの特徴

お魚のメバチマグロは、目が大きくバッチリと見えることから、この名が付きました。

からだつきがぷっくりしているので、市場では「ダルマ」とも呼ばれています。肉は比較的、濃いピンク色をしています。本マグロに比べてトロ部分が少なく、赤身が多いのが特徴です。

脂がのって旨味もあるわりにはあっさりしている、バランスのとれた味わいに人気があります。

漁獲量が多いことから、比較的値段も安価で安定しています。そのためマグロの中では最も流通量が多く、特に関東圏では主流となっています。

刺身はもちろん、煮付けや塩焼き、そして佃煮など、マグロのおいしさを手軽に味わうにはぴったりです。

とかく生臭いと敬遠されがちなのが、血合いの部分ですよね。でもここには、鉄分、ビタミンE、タウリンなどが多く含まれています。

メバチマグロの血合いは、本マグロに比べてクセがないので、ぜひ味わってみましょう。しょうがをたっぷり入れた煮物、唐揚げなどがおすすめです。



木も加工法が豊富になっている

人類は、太古の昔から木を利用してきました。

これまでは、切る、釘で打ちつける、接着剤で貼るといった加工法に限られながらも、建築物、家具、道具などに大変な活躍です。

しかし、金属やガラス、プラスチックなどとくらべると、加熱によってやわらかくし、自由な形に成形する、という加工法には限界があるという弱点を持っています。

もし、木にそのような性質が与えられたら、おがくずや間伐材、工場廃材など、使い道がなく大量に捨てられている木材を、有効に利用できると考えられます。

プラスチックは分子同士が動きやすいため、熱や圧力で形を変えることができるわけですが、それならば、プラスチック化木材は溶剤にも溶けるのではないか、ということが考えられています。

実際に、プラスチック化の種類、またはその度合いにもよりますが、有機溶剤に溶けることがわかりました。驚くべきは、その延長線上で、まったくプラスチック化処理していない木材でも、250度という高温・高圧下や、酸触媒存在のも150度くらいの温度では、溶けることがわかったそうです。

この場合、プラスチック化木材の溶け方とは異なり、木の成分は、低分子化して溶けていることがわかり、溶解とはよばず、液化とよんで区別しています。

ここでおもしろいのは、溶媒にフェノールや多価アルコールなどを使って液化すると、木の成分は低分子化すると同時に、それら溶媒と結合するため、生成物が反応性の高いものとなることだそうです。

つまり、石油由来の化成品と同じ働きができるようになるのです。したがって、フェノール、ウレタン、あるいはエポキシ樹脂様成形物や、発泡体などの原料となり、各種食器類、トレーや緩衝材、畳の芯、苗床、炭素繊維などに応用されています。



FXの為替予約って何?

貿易取引は、一般に契約から代金の受払いまで数カ月かかりますから、為替相場の変動によって収益が大きく変わってくるというリスクがあります。

そこで、多くの輸出入企業では、「FXの為替予約(先物為替予約)」を利用して、為替変動のリスクをヘッジ(回避)しています。為替予約の取引をする相手は銀行です。

FXの為替予約とは、3ヵ月後、6ヵ月後など一定期間後に、あらかじめ決められた為替レートで外貨の売買を行う取引のことです。

通常の為替レートを「直物レート(スポット・レート)」というのに対し、為替予約のレートを「先物レート(フォワード・レート)」といいます。

為替予約(ドルを売買する場合)には、「ドル買い為替予約」と「ドル売り為替予約」があります。

①ドル買い為替予約
輸入企業が数カ月後に支払うドルは、円に換釣するといくらになるかを決めるときに利用します。ドルの支払日に合わせてドル買い為替予約をして円ベースの支払額を確定させておき、為替変動のリスクを回避します。

②ドル売り為替予約
輸出企業が数カ月後に受け取るドルは、円に換算するといくらかを決めるときに利用します。ドルの受取日に合わせてドル売り為替予約をして円ベースの受取額を確定させておき、為替変動のリスクを回避します。

【Dealing FX】プライスアクショントレードマニュアル

ただし、企業がいったん銀行と為替予約の契約を結んだら、一定期間後の為替相場がどうなっていても、原則として契約した先物レートで取引しなければなりません。

為替相場の動きによっては、為替予約をしなかったほうが得たったケースも当然出てきます。

それでもあえて為替予約を利用するのは、為替変動リスクを極力抑えることで、事業計画が立てやすくなったり、資金繰りを安定させるほうが重要と考えるからです。



ドイツの日本と違う驚く文化

ドイツでは、動物、特に犬に対して人間同様に市民権を与えているそうで、電車やバスなどの公共交通機関でも飼主と一緒に乗ることができたり、通常のお店やレストランでも、特に禁止マークが出ていなければ一緒に入ることができます。

ドイツの犬は大変よくしつけがされておりおとなしく、吠えたり、騒いだりするような、日本でよく見かける光景はほとんどありません。

しかし飼い主はあまり糞の始末をしないため、街中のいたるところに糞があり、歩くにも注意を払う必要があります。

飼い主は、以上のようにどこにでも犬を連れて行くので、街路樹の茂みならまだよいのですが、舗装された歩道上、お店の前などあらゆる所で糞を目にします。

条例があるようですが、ほとんど守られておらず環境で有名なドイツでの残念な体験です。

驚くのは、人前で靴を脱ぐのはマナー違反だということです。

日本人には何でもないことで、ドイツ人にはとても我慢できないことのひとつは、人前で靴を脱ぐことです。理由はさまざまなようで、靴を脱いで、靴下を履いた足をさらけ出すのは悪臭を連想させ、何ともいえない不快感を抱かせるというのがそのひとつだそうです。

また、昔は今のように靴下が丈夫ではなく、うっかりすると大きな穴が開いていて、恥ずかしい思いをすることがあるので、めったな事では人前で靴を脱がないようにしつけられてきたためという説もあります。

従って、事務所で仕事をするとき、うっとうしいからといって靴を脱いでスリッパに履き替えて歩き回ったりするのは禁物なんだそうです。

でも外国人も意外と、「恥ずかしい」という概念があるんですね。あがり症なんかもあるんでしょうか・・日本人はあがり症の人が多いですよね。